1951年八宝亭事件が奇跡体験アンビリバボーで特集される。
改めてこの事件の概要がら振り返ってみたい。

広告

八宝亭事件の概要は

1951年(昭和26年)2月22日に発生した強盗殺人事件。
中華料理店『八宝亭』を経営する店主一家4人が惨殺された。
中華料理店は東京都中央区築地にあったため「築地八宝亭一家殺人事件」
と言われている。

亡くなったのは主人の岩本一郎さん48歳、妻のきみさん45歳
長男の元さん11歳、長女の紀子さん10歳

1階の6畳の布団の上で薪割りで50か所以上振り降ろされており
血だらけ。
長女の紀子さんは逃げようとしたのかふすまに手をかけた状態で
立ったまま死んでいるという、見るに堪えない状態だったという。
すべて頭を割られていて正に惨殺現場で、捜査員も目をそむけたくなるような
現場だったとか。

現金2、3万円と永楽信用組合、千代田銀行の預金通帳、女物の腕時計、財布が奪われていたため
強盗殺人事件となった

当初の警察の見立ては

第一発見者で通報者は住み込みで働いている男性店員、「山口恒雄」25歳
朝9時に一階に降りたところ血まみれの一家を発見して筋向いの築地署に駆け込んだ。
警察署の筋向いの中華料理店だったため、店員とは顔見知りの署員も多かった。

普段から知っている、育ちが良さそうで、ひょうきんで明るいこの青年は疑いから
自然と外れてしまったそう。

山口の証言により容疑者は前日の21日に、女中募集の張り紙を見て、26、7歳の女が応募に来て
3畳間で寝ていったその女に。
名前は「太田成子」
夜中にその女を訪ねて来た男がいて、二人とも姿を消していることから男と共に捜査がはじまった。

さらに訪ねてきた男について「顔は後ろ向きでわからなかった。25、6歳ねずみ色のオーバーに紺ズボンだった
女の親戚だと言ってた」と証言した。

22日朝、盗まれた通帳で14万円を引き出そうとした女がいて、「印鑑相違」で下せなかった
この女が「太田成子」と断定。山口が証言して作ったモンタージュと特徴が一致した。
言葉づかいや話の内容から地方出身者と見られ、小太りで、肌は浅黒いオカメ顔だという。
「太田成子」は全国に指名手配された。

事件は急展開!協力者が真犯人だった

3月10日都内の建築飯場に隠れていたこの女が逮捕される。
この女は「太田成子」ではなく「西野ツヤ子」(当時24歳)だった。

西野ツヤ子が逮捕され、事件は一変する。
西野の証言は下記の通り

「かねてから洋裁の学校に通いたいと考えていた自分は伊豆の実家から上京した。
ホテルで働いて学費を稼ごうとしていたが、安月給だったので、金目当てで夜の街頭に立っていた。
その中で知り合ったYに洋裁学校の話をしたところ、『うちの店で女性店員を探している。
訳を話せば、洋裁学校にも通わせてくれるだろう。』と言われた。
そこで21日に店主に会って採用された。その日から住み込んだが、
夜中に大きな音で目が覚めたところに山口が現れ、
『朝の9時に信用金庫で14万円を下ろして、新宿で待ってくれ。このことは誰にもしゃべるな』と、
現金千円と通帳、印鑑を手渡された。盗品だとは察したものの殺人とは予想もつかず、
千円に目がくらんで引き受けてしまった。」

これにより、犯人は第一発見者で住み込みの店員「山口恒雄」と断定
3月11日に逮捕される。

確かに不審な点も多かった。
「太田成子」を訪ねてきたという男についての証言、顔は覚えていないのに
服装は色も性格の証言すること。
「成子」は通常「シゲコ」と読むことが多いが、山口は「ナリコ」と呼んでいた
そのことを指摘すると「しどろもどろ」になった。

なによりも、あれだけの事件が1階で起きているのに2階にいて気づかないのはおかしい。
そして、いつもは8時は起きているのに、その日に9時に起きたということ。

ただ顔見知りで気さくで優しい捜査にも協力的な「山口君」は犯人像から自然と離れていってしまっていた。
記者への対応もよく、3月6日の毎日新聞に「私の推理」と手記を発表もしていた。

連行される時に「今は大変疲れているので、明日、全てを話します。」と、素直に犯行を認めた。
ところが、逮捕された翌日、犯人の「山口恒雄」は午前5時30分ころに持っていた青酸化合物で自殺
事件に関する動機や犯行の詳細は解明されなかった。

西野ツヤ子は強盗殺人の共犯としては問えず、盗品運搬罪で執行猶予付きの懲役3年、罰金2000円の刑
刑を終えた後は故郷に帰って結婚し、平穏な人生を送ったそう。

広告

犯人の山口は幼い頃から変わった少年だった

山口は茨城県川根村の裕福な農家の次男として生まれた
農業は嫌い、小学校卒業後、小学校を出てからは横浜の軍需工場に勤める。
その後、村の役場に勤めていたが、
配給品の横流しをして、50年12月25日に東京高裁で懲役1年半、執行猶予5年を判決を受けている。

村内では物資がなく困窮している村人に品物を流して、罪を1人被った「英雄」
「次の村長さんは山口さんだ」と言う人もいたとか。

その後、交際していた女性の家が中華そば店だったので、
山口は料理を勉強するために東京築地の「八宝亭月」でコック見習いとして働き始めた

田舎から仕送りがあり、「給料はいらない」と店主に言っていたが月2000円の小遣いをもらっていた。
お金に困っていず、店主夫妻にも可愛がられ、2人の子供たちを連れて遊びに行くなど
面倒見もよかったという。

そして、築地警察署の署員にも評判がよく、事件が起こってからの記者たちへの対応もよく
山口が逮捕されたと聞いて、記者はもちろん、日本中が驚いたと言われている。

まとめ感想

彼女のためにコック見習いに住み込んだ店主一家と仲が良く
なぜ、一家を殺さなければならなかったのか理由はわからない。

ただ、用意周到に計画された犯行といえる。アプレゲール犯罪の一つとされている。

アプレゲール犯罪とはウィキペディアによると

元は、第一次世界大戦後のフランスで、既成の道徳・規範に囚われない文学・芸術運動が勃興したことをさした。
日本で省略形の「アプレ」という言葉が流行したのは、第二次世界大戦後、
戦前の価値観・権威が完全に崩壊した時期であり既存の道徳観を欠いた無軌道な若者による犯罪と
いうことらしい。

調べれば、調べるほど、全く動機の想像ができない事件である。
人のために物資を横流ししてしまったり、住み込みの店主や子供たちに仲良く
出前先の警察署の署員にも評判がよかった。

ただ、時代背景を考えると
第二次世界大戦の終戦が1945年なのでその6年後に発生した事件、
事件が起こった時、犯人は25歳だから
19歳で終戦を迎えていることになる。

彼が戦争に行ったかどうかまではわからないけれど
多感な時期にツライ戦争体験だったことは間違いない

でも、実家は裕福な農家だから、戦中も食べるものには困らなかっただろう。

食べるものがあっても、彼女がいても住むところ仕事があっても
人を殺してしまう衝動が、何が彼をそうさせたのかは彼の口から聞くとはできなかった。

「青酸化合物」を持っていたことで
捕まったら自殺することを覚悟していたことも計画のひとつだったのだろうか

広告