鷲尾真知子さんの夫中嶋しゅうさんが公演中に死亡、公演中止に

鷲尾真知子(わしおまちこ)さんの夫で俳優の中嶋しゅうさんが1幕上演中に突然倒れ
舞台から75㎝下の客席に転落、頭を強く打って死亡されました。

公演は寺島しのぶさん主演の「アザー・デザート・シティーズ」
2幕で2時間半の予定で、中嶋さんは寺島さんの父親役で、
約90分間の1幕の終盤、寺島さんと口論した後に悔しさをにじませるシーンの途中、
座って立ち上がるシーンで、落下した。

中嶋さんの様子を見た寺島さんが、スタッフに公演中止と救急車を呼ぶよう求めた。
すぐにスタッフが心臓マッサージを始め、出演者らが「しゅうさん」と名前を呼びかけた。
池袋署によると、死因はわかっていない。

中嶋さんは同日午後10時、搬送先の病院で死亡が確認された。

公演の「アザー・デザート・シティーズ」は
東京都豊島区の「東京芸術劇場」で2017年7月6日に初日を迎え
26日まで東京芸術劇場シアターウエストで上演予定で
29日から31日までは、大阪市の梅田劇場芸術劇場シアター・ドラマシティでの公演を
予定していました。

6日の公演は中止となり、7日から9日までの公演中止も決まった。
劇場側はこの日午後10時の時点で、中嶋さんのけがの状況について
「詳細が分かり次第、再度、皆様にご連絡申し上げます」とし、
「明日以降の公演続行に関しましても、改めてご連絡させて頂きます」
とコメントを出していました。

10日以降の上演予定ついては、近日中に梅田芸術劇場のホームページに情報が掲載されるそう。
中止となった公演の払い戻しについても同じ。

「アザー・デザート・シティーズ」はブロードウェーでも上演されており、2012年にトニー賞演劇部門で、作品賞など5部門にノミネートされた作品。
今回の出演者は他に麻実れいさん、佐藤オリエさん、中村蒼さんなど

広告

中嶋しゅうさんのプロフィールは?

中嶋さんは「劇団NLT」出身のベテラン俳優

生年月日 1948年4月18日 69歳
出身地  東京都
身長   172㎝

1969年に「劇団NLT」 入団
1989年 退団

鷲尾真知子さんと中嶋しゅうさんのなれそめは?

鷲尾真知子さんとは1978頃に交際が始まり、事実婚を長くしていたそう。
生命保険の受取人を考えるようになって入籍をしたと言われている。

女優、鷲尾真知子さんと言えば、
テレビドラマなどでも大活躍されています。

代表的なのは「大奥」で「大奥スリーアミーゴス」の葛岡でした。
最近では観月ありささん主演の「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」のばあやさんでした。
普段は物静かで従順だけど最終回に強く諫めるシーンがあって
「さっすが、鷲尾真知子だぁ」と存在感が大きかった!

連続ドラマで観ない時はないというくらい、キラリと光る名脇役ですよねぇ。
7月からのドラマに出演しているのか探してみたのですが、見つかりませんでした。

旦那さんが突然亡くなられて、ショックを受けられていることでしょう。
朝、元気に出て行かれたご主人にもう会えないなんて、考えただけでもゾッとします。
それが、現実となってしまったのですから、どうしていいかわからないでしょうね。
お辛いでしょう。

鷲尾真知子さんのプロフィールは

生年月日  1949年6月2日 68歳
出身地   神奈川県

1978年に「劇団NLT」に入団、交際時期と一緒ですから
入ってすぐ、恋に落ちちゃったんですね。
25年の事実婚を続け、入籍されたんですね。

広告

中嶋しゅうさんの出演作は?

テレビで活躍されている妻の鷲尾真知子さんに対して
夫の中嶋しゅうさんは舞台中心の活動で
あまり、テレビにはあまり出演されていないですが

NHK大河ドラマ「武田信玄」

「鬼平犯科帳」「殿様侍風来坊」

映画では黒澤明作品
「影武者」「乱」「夢」「まあだだよ」
などに出演しています。

CMでは「佐川急便」「日清サラダ油」「ナショナル洗濯機」
と出ています。

主な舞台は

「屋根の上のバイオリン弾き」「リア王」「お気に召す」「阿国」
「欲望という名の電車」「かもめ」「天国の本屋」「桜の園」

最近の舞台事故は?

舞台で、事故が起こることもあります。
最近の事故を調べてみました。

2005年12月21日 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ宙組公演「W-WING」 
和央ようかがフライング中に転落し、骨盤と肋骨を骨折

2012年8月27日 国立劇場 松本流舞踊「松鸚会」 
市川染五郎がセリから約3メートル下の奈落に転落し、右側頭部打撲と右手首骨折

2012年9月18日 日本橋劇場「劇団朱雀 特別公演」 
早乙女太一が2階桟敷席から舞台に向かって飛び降りた際、左かかとを骨折

2015年3月19日 帝国劇場「Endless SHOCK」 
舞台上の大型パネルが倒れ、ダンサー5人、スタッフ1人が足首骨折など負傷

2016年4月12日 新橋演舞場「滝沢歌舞伎2016」 
V6・三宅健がワイヤーアクションで着地した際に足指骨折

2016年8月16日 梅田芸術劇場メインホール「ピーターパン」 
唯月ふうかが稽古中、高さ3メートルの宙づりの位置から逆さまの状態で落下し、左眼窩(か)底吹き抜け骨折

突然倒れて舞台下に落ちてしまったということで
何かが起こって、倒れ、頭を強く打ってしまったのでしょうか

本当に残念なことです。お悔やみ申し上げます。

広告