松居一代のユーチューブ動画!週刊文春に騙されてトラブル?!ブログで意味深な言葉を連発?!

松居一代さんがユーチューブ動画をアップした。
最近話題になっている松居一代さんなのでどんな動画なのか動画をみるととんでもない、取り乱した松居一代さんがいた。

広告

とんでもない意味深なタイトル

「週刊文春に騙されました。松居一代は命をかけて真実を伝えます」
となんとも怖いタイトルだ。

アップされたのは2017年7月4日。
その前から1年半、逃げている、家に帰っていないというのは
話題になっていた。

それがこの動画によってわかるのか。。。。
動画は10分38秒・・
正直、これ全部みるのはかなり辛いのだが。。

すっぴんの松居一代さんはノースリーブのワンピースをきて
タイトルの後に登場。

そして、「週刊文春に騙されました、私は嘘をつかれたのです。」と訴え始めた。

7月4日に午後3時8分に文藝春秋に行ったこと
文藝春秋前で撮影もされています。

「命がけで書いた手紙」というものが松居さんにはあって
それも、ここで映しています。
毛筆の達筆な時代劇にでてきそうな巻き半紙のような感じ?
内容はお目にかかりたいと申し出ているようでした。

手紙を書いたのは2017年5月24日。
「この1年5ヶ月とても辛かった」と言ってますが
1年5ヶ月前に何があったかは語っていないのだ。
そこが知りたいのに。。。

ずっと尾行されていると6月27日のブログに書かれ
「3日以上ブログが更新されなかったら警察に連絡して」
意味深な言葉を連発しマスコミに取り上げられ話題になっていた。

それも誰になぜ尾行されているのかは全く語っていない。

「船越英一郎が書いた恐怖のノート」があという例の話題のあのノートだ。
これも動画にはばっちりと映っていた。

すべてが書かれたノートと言ってはいるが
何が書かれているのか。。。
それについては語っていない。

そして、文藝春秋さんの担当の人と6月2日と渋谷のホテルの会議室で
初めて会ったそうなのですが、
「出来上がった原稿を見せてください」
とお願いしたと
「それはルールとしてできないので出来上がった原稿を読み上げる」と約束したのだが。

その原稿を読み上げる最終期日が7月4日だと言うところからトラブルに発展。

そして、7月6日に週刊文春が発売されると
松居さんが何を書いてあるかわからないまま、週刊文春が発売されてしまうというのです。
それを騙されたの言っているのでだろうか。
何が書いてあるのか、何について訴えたいのかは相変わらず語らない。

取り乱した様子で泣きながら動画で訴えるが・・・

それから涙の訴えに入ります。
逃げ回っている間、命を絶とうとした。
居場所を息子さんや両親にも言えなかった。
週刊文春を信じて提案したのに、ウソをついた!騙された!と

動画は訴えている途中でその証拠となる画像が出てくるのです。
ホテルの会議室の写真もあるのですから、
よくできています。
松居さんはそんなことできちゃうんですねぇ。
びっくり!

広告

松居一代さんと言えば、家事が得意で、きれい好きでお掃除の「マツイ棒」など発売したりと
投資家としても知られています。
お金の話が好きってイメージです。

私生活では息子さんが小さい時に俳優の船越英一郎さんと再婚した
そして、離婚の話がいつもちらちら出る。
その度に松居さんは強烈に否定する

もうちょっと詳しく調べてみました。ウィキペディアより

生年月日  1957年6月25日(60歳)
出生地   滋賀県近江八幡市
血液型   B型
父親    松居修 (競艇選手)

1979年に『11PM』(よみうりテレビ)いわゆる“大阪イレブン”のカバーガールとして
芸能界デビュー、4年間務める。
その後女優デビューする
代表作は1987年の「マルサの女」

1986年にDCブランドの経営者と結婚、1989年に長男誕生、1996年に離婚
長男のアトピー性皮膚炎などのストレスが原因で顔面神経麻痺を患ったことがある
離婚後に住んでいたマンションの上の階が水漏れを起こし、自室の天井が抜け落ちるトラブルがあるが
法廷での闘争の結果、ゼネコン(清水建設)等を相手に勝訴した

2001年に船越英一郎さんと再婚
船越家は結婚を反対して結婚式に出席してくれなかった。
そして、父船越英二さんの遺産相続を放棄している

船越英一郎さんは松居一代さんの息子さんを本当の息子のように可愛がっているのは
松居さんもとっても感謝しているようで、
今では、母の松居さんより、船越さんとの方が絆が強いとも言われています。

その他思いたる事件として
2008年4月7日、同月13日のプロ野球「東北楽天ゴールデンイーグルス – オリックス・バファローズ」始球式に向けた練習中に顔面にボールが当たり、鼻が陥没骨折した。始球式には予定通り出席した

痛々しい鼻にテープを巻いた姿がありましたね。
でも、始球式を勤めたのは立派、プロですね。

そして、キレイ好きの松居さんはお掃除の本も何冊か出しています。

風水好きも有名で
ドクターコパさんとの交友話も聞いたことがあります。
船越英一郎さんと再婚するためにどうしたらいいかと
ドクターコパさんに相談したというのも有名です。

その時のアドバイスが聞いて結婚できたと信じていて
家を作るときにもあらゆるところに風水を取り入れています。

広告